ART SIDE:2010年企画展

藤野あきさんの展示作品について

今回の展示では、いつも日常で発表・販売している作品とは違う表現をお願いしています。着想や発想の原点をみつめなおすのがテーマだからです。

藤野あきさんの展示作品のオーダーテーマ

藤野さんは武蔵野美大学時代は金属工芸を専攻していました。彼女の金属好きは今も変わらず、その素材の話をするときに目を輝かせるほどです。

aki_01.jpg卒業後は陶の世界を主にして「うつわ」をライフワークに制作しています。何よりも「ものを受けとめるカタチ」に強く惹かれるのだそうです。
最近は自身の詩的な部分を解放して「船」「家」「街」など陶器でのちいさなオブジェを制作し始めました。そして船も家も、何かを運んだり受け入れたりすることを目的とし、大義的に「うつわ」なんですね。私はその視点のゆるぎなさに驚きました。

藤野さんには「メタファとしてのうつわ」を制作して欲しいと、オーダーしました。 何かを受けとめる形「うつわ」に強く惹かれるという藤野さんの、概念・テーマとしての「うつわ」を知りたかったからです。

藤野あきさんとは・・from ozzy

藤野さんとは卒業後、ご近所を理由に行き来が始まり、まず感じたのが「武蔵野の人」であるということです。武蔵野の自然、味覚、風習を共有できる貴重な友人として東京北多摩の文化を反芻することができました。子ども達への陶芸教室などを開催するなか、彼女の「うつわ」が気になる日々です。

藤野あきさんの情報

aki_02.jpg

日々の生活の器 と 花の器 を作っています。

+ utsuwa to komono +
藤野さんの活動サイトです。作品写真・展示風景など充実しています。

武蔵野美術大学短期大学部金属工芸・専攻科 卒業
入学時より サークルにて作陶を開始
陶芸教室勤務などを経て 現在は都内の自宅にて作陶
ときどき 大人陶芸教室や こども陶芸教室を開催。